注文住宅の種類

注文住宅は種類が選べる

注文住宅というと、一から作る家というイメージがありますが「フルオーダー」と「セミオーダー」の二種類を選ぶことができます。
フルオーダーは文字通り、住宅をフルオーダーするものです。使用する資材から設備、窓の種類などの仕様から、住宅に関わる全てを住宅を建てる人が指定して計画することができる住宅となります。
セミオーダーは、基本的な仕様があらかじめ決まっている住宅です。住宅設備の仕様などは決まっていて、住宅を建てる人が色や間取りなどを決めることができます。
フルオーダーの場合、手間がかかるという問題があるためフルオーダー住宅を建てたくないという会社も多いです。そのため注文住宅というと、一般的にはセミオーダーのことを指します。

それぞれの種類のメリット

フルオーダー住宅のメリットは、こだわりのマイホームを手に入れることができるということが挙げられます。キッチンを輸入品のものにしたり、自分の好みに合った特別注文のキッチンや間取りに合わせた家具にこだわることができる、建築資材も木造だけではなく鉄筋コンクリートにすることや、高断熱・高気密住宅にすることなども可能です。また、高低差が大きい土地や狭い土地などにも対応してもらえます。 ただし、こだわれる分だけ費用が高くなります。 セミオーダー住宅のメリットは、要望と予算のバランスがとりやすい住宅です。住宅設備の色や外壁の色、間取りなどをある程度自由にすることができ、必要に応じて設備をグレードアップ・グレードダウンできます。